お金

2022年4月から高校の家庭科で資産形成と投資の授業が開始

お金の勉強をして投資時代に備えよう

金融リテラシーは自ら高めるしかない

多くの人がお金や投資についてわかっていない人が多いです。

なぜかというと学校でお金に関する教育を受けていないからです。

エール屋も若かりし頃はわかっていなかったです。

株って何??

投資って何??

「金持ちがすることかな。」

「お金を失うリスクがあり怖いな。」

「株で全て失って自殺する人もいるっているし手を出したらいけないな。」

こんなことを思っていました。

これって日本の教育を受けていたら当然の考え方です。

日本はお金の教育に関しては後進国です。

お金や投資の教育を受けていないので、日本人は金融リテラシーが低いと言われています。

金融リテラシー家計管理や資産形成、金融取引や金利知識など、お金と上手に付き合うために必要な知識や判断力のこと

投資はリスクがありお金持ちがするイメージがあり、投資が身近なものになっていません。

 
日本人は貯金が大好きと言われています。

高度成長期からバブル期、銀行の金利が高かった時代があります。

エール屋が小学校の時、銀行に預けると金利が6~8%ついていました。

今では考えられない金利です。

銀行に預けるだけで金利がついてお金が増えます。

この預金思考が現在の金融リテラシーの低さになっているのではと言われています。

海外では学校の授業のカリキュラムでお金の授業があります。

早い段階で金融教育が受けられます。

日本人が投資を学びたいと思った時どうしますか?

ネットで勉強したり、本で学んだり、セミナーに参加等色々あります。

興味を持って自分から行動しないと金融リテラシーは一生身に付きません。

 
2022年度から高校の家庭科の授業に「資産形成」が組み込まれることになり、学校で学べる時代へ変わります。

参考資料:高校家庭科で「投資信託」 22年4月から授業

金融リテラシーが身に付く機会があり非常にいいことです。

ただ、なぜ高校??

義務教育中の中学校ではだめなのかという疑問はありますが、高校からでも投資を学校で学べることは有意義なことです。

コロナウイルスの影響で危機的状況の中、国や会社は必ず私たちを守ってくれるとは限りません。

投資しなければならない時代がきたのです。

まとめ

2022年4月から高校の家庭科の授業で資産形成が学べる

金融リテラシーが低い人は自ら行動して学び投資する