お金

2019年 サラリーマンのお小遣いって平均いくら??

男性会社員のお小遣い額は過去2番目に低い金額。女性会社員は過去最も低い金額

お小遣いでまかなう費用が多すぎる

今回は会社員のお小遣いについて調べました。
平均いくらもらっているのか気になる人もいると思います。

 
参考資料:「2019年サラリーマンのお小遣い調査」結果について

 
男女会社員毎月の平均お小遣い額

サラリーマンお小遣い
男性会社員の毎月のお小遣い額は36,747円。
女性会社員の毎月のお小遣い額は33,269円。

配偶者の一ヵ月のお小遣い額

サラリーマンの配偶者お小遣い
男性会社員の配偶者のお小遣い額(昼食代含む)は20,851円。
女性会社員の配偶者のお小遣い額(昼食代含む)は36,766円。

男性会社員プロファイル

男性サラリーマンの給与を家庭に入れる割合
男性会社員の個人年収が521万円で世帯年収が659万円。
既婚者で全額を家庭に入れる割合が60.9%。
既婚者で一定額を家庭に入れる割合が25.7%。
既婚者で一定額を残し、残りを家庭に入れる割合が9.4%。
既婚者で家庭には入れず自分で自由に使っている割合が4%。

女性会社員プロファイル

女性サラリーマンの給与を家庭に入れる割合
女性会社員の個人年収が320万円で世帯年収が606万円。
既婚者で全額を家庭に入れる割合が39.2%。
既婚者で一定額を家庭に入れる割合が33.2%。
既婚者で一定額を残し、残りを家庭に入れる割合が16.2%。
既婚者で家庭には入れず自分で自由に使っている割合が11.4%。

お小遣いがアップした要因は半数以上が給料が上がったから。
お小遣いがダウンした要因は半数近くが給料が減ったからで2位は生活費にかかるお金が増えたからで3位は子供の教育費がかかるようになったからです。

男女会社員1日平均昼食代

サラリーマンの昼食事情
男性会社員の昼食代は555円。
女性会社員の昼食代は581円。

男女会社員 昼食内訳

サラリーマン昼食内訳
男性会社員の昼食内訳1位は「持参弁当」34.0%、2位「購入した弁当」23.6%、3位「社員食堂」18.4%になってます。
女性会社員の昼食内訳1位は「持参弁当」53.5%、2位「購入した弁当」22.0%、3位「外食」8.7%の順になっています。

女性社員は持参弁当率が高いことが伺えます。

男女会社員 ランチタイム過ごし方

ランチタイムの過ごし方
男性会社員におけるランチタイムの過ごし方1位「インターネットの閲覧」52.3%、2位「昼寝や休息」32.1%、3位「仕事の続き/仕事をしながら」25.5%となっております。
女性会社員におけるランチタイムの過ごし方1位「インターネットの閲覧」60.6%、2位「同僚とおしゃべり」39.3%、3位「メール」30.0%となっております。
男性会社員は一人で過ごす人が多いですが女性社員は誰かと会話しながら過ごす傾向にあることがわかります。

男女会社員一ヵ月平均飲み代.

サラリーマンの飲み事情
男性会社員の毎月の飲み代は13,175円。
女性会社員の毎月の飲み代は9,493円。

男性会社員 1回の平均飲み代

男性会社員の1回の平均飲み代
外での飲み代は5,415円。
自宅での飲み代は2,794円。

女性会社員 1回の平均飲み代

女性会社員の1回の平均飲み代
外での飲み代は4,288円。
自宅での飲み代は2,106円。

男女会社員一ヵ月でお酒を飲みに行く回数

仕事後、一ヵ月で平均何回くらいお酒を飲みに行きますか?
男性会社員は2.4回。
女性会社員は2.2回。

男女会社員 一ヵ月あたり自宅でお酒の飲む回数

1ヶ月あたり平均何回くらい自宅でお酒を飲みますか?
男性会社員12.3回。
女性会社員8.8回。

男女会社員 副収入内訳

副収入事情
男性会社員の22.3%は副収入があり、1ヵ月あたり29,104円の収入額となっています。
収入源は、1位「ポイント・アンケートサイト」58.1%と最も多く、2位「株式投資」22.2%、3位「アルバイト・副業」20.8%と続きます。
女性会社員の21.6%は副収入があり、1ヵ月あたり13,155円の収入源となっています。
収入源は、1位「ポイント・アンケートサイト」68.7%と最も多く、2位「アルバイト・副業」23.12%、3位「フリーマーケット」15.9%と続きます。

男女会社員 お小遣い使い道

あなたの”おこづかい”の使いみちとして、必要不可欠なものは何ですか?
男性会社員の1位「昼食代」43.1%、2位「携帯電話代」25.1%、3位「嗜好品代」18.8%と続きます。
女性会社員の1位「昼食代」36.6%、2位「携帯電話代」36.2%、3位「身だしなみのための費用」31.1%と続きます。

 
お小遣い額だけを見ると3万円を超えていて多いと思いました。
しかし、今回のデータは昼食代や携帯電話代が含まれたお小遣い額になっています。
そう考えると決して高い金額ではないと感じました。
お小遣いでまかなう費用の範囲が広すぎるのが問題だと思います。
一般的なお小遣いの感覚と違う気がします。
独身者をターゲットにしたデータなのではないかと思うような結果です。
それぞれの家庭でお金の管理の仕方が違いますが、お小遣いとしてささやかな楽しみに消費するのも大切なことです。

 
本業だけの収入だけでなく副収入が3万円近くあるのは驚きました。
男女共に「ポイント・アンケートサイト」が半数以上を占めています。
すき間時間にアンケートに回答していると思われます。
「株式投資」「アルバイト・副業」と続くので株からの配当を得たり、何かしら副業したりしてる人がいることがわかります。
数万円でも副収入があると生活が楽になります。
お金を増やすため、小遣いを増やすためには行動しないと増やせませんからね。

まとめ

男性会社員の毎月のお小遣い額は36,747円(昼食代含む)。
女性会社員の毎月のお小遣い額は33,269円(昼食代含む)。